ノコギリクワガタ

種名・分類 クワガタムシ科
観察場所 平地〜山地
観察時期 6〜8月に見られる
特徴
体長26〜74mm。北海道・本州・四国・九州に分布。幼虫と新成虫で越冬。幼虫は広葉樹切り株の根の部分にいる事が多い。成虫は山中のハルニレ・ミズナラの樹液より、平地のヤナギに多く(河川敷など)ファーブルの森では稀。60mmを超えるサイズはなかなか見られない。