ナミテントウ

種名・分類 テントウムシ科
観察場所 平地〜山地の草原
観察時期 5〜9月に見られる(羽化の時期は未確認)
特徴
体長5mm前後。北海道・本州・四国・九州・沖縄(?)に分布。それぞれ別種のように異なる、非常に多くの斑紋タイプが出現することで有名。成虫で越冬。栗山町スキー場では、ロッジ内に無数に入り込んで越冬している。ファーブルの森ではごく普通。