アカタテハ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 平地〜山地の樹林・草原
観察時期 7〜9月に羽化(回数不明)
特徴
開長56mm前後。日本全土に分布。夏〜越冬前の秋期によく見かけるが、年間の化数は未確認。イラクサ科のアカソなどに付く。幼虫は食草の葉を二つ折りにした巣をつくり、中に潜む。成虫で越冬。ファーブルの森では少ない。