サカハチチョウ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林周辺
観察時期 5月下旬〜6月に「春型」が、7〜8月に「夏型」が羽化
特徴
開長30〜40mm。北海道・本州・四国・九州に分布。イラクサ科に付く。春型は特にアカマダラと良く似るが、本種はやや大きくて翅形が丸みを帯び、前翅前縁に白斑がないことなどで区別が可能。アカマダラより大きいものの、タテハチョウとしては小型。本種とアカマダラは花も好きだが、しばしばヒトの汗を舐めたり、自動車にたかったりする(夏型で顕著)。卵を縦に積み重ねて産み、幼虫がホソバイラクサなどイラクサ科の葉に群れて行動する習性はアカマダラも同様。蛹で越冬。ファーブルの森ではやや少ない。