アカマダラ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林周辺
観察時期 5月中旬〜6月に「春型」が、7〜8月に「夏型」が羽化
特徴
開長30〜40mm。北海道特産。春型と比べて夏型の色彩・斑紋が単純なのは近縁のサカハチチョウと同様。春型の出現はその地のヒメギフチョウの最盛期よりわずかに遅れる程度。とても小型のタテハチョウ。成虫は各種の花に訪れる。蛹で越冬する。ファーブルの森では稀。