ゴマシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 平地〜山地の草原
観察時期 年1回、7月末〜8月に羽化
特徴
開長30〜40mm。北海道・本州・九州に分布。本種の生活史は大変ユニークで、バラ科のナガボノシロワレモコウの花穂を食べていた幼虫が、秋にはクシケアリに連れられて巣に入り、以後アリの卵・幼虫を食べて成長し、翌年の夏にはアリの巣中で蛹化する。この生活史は、北海道にも産する近縁のオオゴマシジミと共通(食草は異なる)。また、地理的変異の多さでも知られ、北海道産も複数の集団に分けられる。幼虫で越冬。ファーブルの森では稀。