リンゴシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林や人家・畑周辺
観察時期 年1回、6月に羽化
特徴
開長28mm前後。北海道特産。主にバラ科のスモモ・エゾノウワミズザクラに付く。スモモは人間が植えた樹木。蛹はスモモやフキの葉上で見つかるが、一見「鳥の糞」に似ている。北海道特産の美しいチョウであることから、道外からの採集者・カメラマンにとっては憧れのチョウの一つ。卵で越冬。ファーブルの森では最近少なくなった。