メスアカミドリシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長32mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。バラ科のサクラ類各種に付く。レモンイエローの幼虫は日本産ミドリシジミ類の中では特異。♂成虫は主に午前中、林間の小空間に縄張りを形成し、縄張り内に侵入した同種(あるいは別種の)♂と激しく追いかけあう。これは他のミドリシジミ類にも共通した習性で、種によって「活動時間帯」「好みの活動空間」が異なる。卵で越冬。ファーブルの森では少ない。