ヒラタシデムシ

種名・分類 シデムシ科
観察場所 平地〜山地の樹林周辺
観察時期 5〜9月に見られる(羽化の時期は未確認)
特徴
体長15〜20mm。北海道特産。シデムシの仲間は、幼虫も成虫も動物死骸の分解者で、森の生態系の中で重要な役割を担っている。成虫で越冬。ファーブルの森ではきわめて普通。近縁のオオヒラタシデムシはやや少ない。「ミニミニ三葉虫」みたいな形の幼虫は、動きにも愛嬌があり子供に人気だが、正体がわかるとそっぽを向かれる。