ジョウザンミドリシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長30mm前後。北海道・本州に分布。主にブナ科のミズナラに付く。和名の「ジョウザン」は札幌の定山渓の意。北海道でブナ科に付く「ミドリシジミ」の中では最普通種。ある程度の規模のミズナラ林さえあれば見られる。「でもこんなチョウ、見たことない」としばしば言われるが、成虫の飛翔が空間的・時間的に限られる(主に午前中、林の高所を飛ぶ)ためであろう。卵で越冬。ファーブルの森では普通。