アカシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 平地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長30mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。主にブナ科のミズナラ・コナラに付く。♀は産卵のさい、産み付けた卵に腹部で周囲のゴミを塗り付けるため、卵の発見は困難。ミズナラなどの林さえあれば、平地〜山地のどこにでも見つかるが、発生数じたいは多いものではない。卵で越冬。ファーブルの森ではやや普通。