ウラキンシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長30mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。主にモクセイ科のアオダモに付く。本種幼虫は蛹化が近付くと、アオダモ若葉の茎を噛み切り、自らは若葉とともに地上に落下する。地表(または地表近くのササ葉上など)に落下した幼虫は、しばらく若葉を食べているが、やがて若葉が干涸らびる前に離れて石の下などで蛹化する(推定)。卵で越冬。ファーブルの森では極めて稀。滝下あたりに多い。