ウラゴマダラシジミ

種名・分類 シジミチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長35mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。主にモクセイ科のイボタノキに付く(ハシドイにも付くはずだが未確認)。本種幼虫は、自らが蛹化する葉に複雑な食痕を残すことが多く、慣れると蛹の発見は容易。何のためにこのような加工を施すのかは不明。卵で越冬。ファーブルの森ではやや少ない。