スジグロシロチョウ

種名・分類 シロチョウ科
観察場所 平地〜山地の樹林周辺
観察時期 5〜9月に2、3回羽化
特徴
開長40〜50mm。北海道・本州・四国・九州に分布。野生のアブラナ科植物に付く。エゾスジグロシロチョウとの区別は慣れないと難しい。エゾスジグロシロチョウの春型がサクラの開花前から発生しているのに比べ、本種の羽化はかなり遅れる。蛹で越冬。ファーブルの森周辺では時期さえあえば少なくないが、全体としてはエゾスジグロシロチョウの方が多い。