エゾヒメシロチョウ

種名・分類 シロチョウ科
観察場所 平地〜低山地の草原
観察時期 年2回、5月下旬〜6月、7〜8月に羽化(稀に9月にも見かける)
特徴
開長40mm前後。北海道特産。マメ科のクサフジに付く。成虫は地上低くを弱々しく飛ぶうえ、すぐブッシュの中に逃げ込むので採集しづらい。春型と夏型があり、春型は表面の斑紋もはっきりせず地味。本種の好む草原的環境が開発などで減少しており、将来が憂慮される。蛹で越冬する。栗山町では分布も限られ、ファーブルの森では見られない。