カラスアゲハ

種名・分類 アゲハチョウ科
観察場所 平地〜山地の樹林
観察時期 6〜8月に羽化(回数不明)
特徴
開長80〜100mm。北海道・本州・四国・九州に分布。6〜8月に羽化するが、本州以南で2化以降に出現する「夏型」は見たことがなく、6月の個体も8月の個体も同じ「春型」の顔をしている。北海道での本種の発生経過はよくわからない。ミカン科のツルシキミなどに付く。本州以南では一般にカラスアゲハは普通、ミヤマカラスアゲハはやや珍、という印象があるが、北海道ではまったくの逆である。蛹で越冬。ファーブルの森では少ない。