オオルリオサムシ

種名・分類 オサムシ科
観察場所 平地〜山地の樹林周辺
観察時期 5〜9月に見られる(羽化の時期は未確認)
特徴
体長25〜33mm。北海道特産。いくつもの亜種に分けられるが、栗山町産は名義タイプ亜種の通称「石狩移行帯」型と思われる。やや小型で、色彩変異が豊富。くすんだ色調のものが多いが、美しい緑色や紺色もわずかに出現する。これに対し夕張川をはさんだお向かいの長沼町・由仁町境の馬追丘陵では、やや大型でほとんどが赤色となる(名義タイプ亜種原型)。幼虫も成虫もカタツムリを食べる。成虫で越冬。ファーブルの森ではやや少ない。