シロオビアワフキ

種名・分類 アワフキムシ科
観察場所 平地
観察時期 年1回、8月に羽化
特徴
体長10〜12mm。北海道・本州・四国・九州・沖縄(?)に分布。幼虫はオオハンゴンソウやアザミなど各種の植物に付き、白い泡の中で育つ「アワフキムシ」の仲間。泡に隠れるのは幼虫のみ。ファーブルの森では6〜7月に網舎の中で簡単に見つかる。幼虫の泡を見て「何かの卵が付いてる」という人が多いのは何故?