アケビコノハ

種名・分類 ヤガ科
観察場所 平地〜低山地の樹林や公園など
観察時期 年2回羽化? (10〜11月以外未確認)
特徴
開長100mm前後。北海道・本州・四国・九州・沖縄に分布。アケビ科のミツバアケビやメギ科のメギに付く。成虫はリンゴやナシの果実を加害することで有名。幼虫は形容しがたい風体で有名。木の葉そっくりの前翅も有名。成虫で越冬。ファーブルの森では見たことがないが、町内の植栽されたメギで幼虫・蛹を確認している。