オニベニシタバ

種名・分類 ヤガ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年1回、7月下旬〜8月に羽化
特徴

開長55〜63mm。北海道・本州・四国・九州に分布。本種を含むcatocala属のガは後翅に美しい斑紋をもち、ガの中でも人気のあるグループ。休息状態ではその美しい斑紋を隠しているが、刺激すると羽根をひらき、斑紋を見せつけるようにする。この事から、この斑紋には捕食者への「威嚇」の意味があると思われる。ブナ科のミズナラなどに付くとされるが未確認。卵で越冬。ファーブルの森では普通。