ベニスズメ

種名・分類 スズメガ科
観察場所 平地〜低山地の公園など
観察時期 年2回、6月初旬と8月に羽化(推定)
特徴
開長50〜65mm。北海道・本州・四国・九州・沖縄島に分布。ミツガシワ科のミツガシワなどに付く。幼虫は派手な目玉模様を持ち、大変目立つため、しばしば撮影しているが、成虫を撮影できていない。終齢幼虫は7月初旬と9月初旬に撮影しているので、単純に逆算すると成虫は上記の時期に羽化しているはず。蛹で越冬。ファーブルの森では「昆虫池」のミツガシワに普通。