オオミズアオ

種名・分類 ヤママユガ科
観察場所 低山地〜山地の樹林
観察時期 年2回、5月下旬〜6月、7〜8月に羽化
特徴
開長78〜94mm。北海道・本州・四国・九州に分布。ブナ科のミズナラなど各種植物に付く。本種とそっくりなオナガミズアオは、カバノキ科のハンノキ類限定。淡いブルーの色彩、アゲハより目立つ尾状突起、外灯によく集まることから一般への認知度も高い。蛹(繭)で越冬。ファーブルの森ではやや少ない。