イカリモンガ

種名・分類 イカリモンガ科
観察場所 低山地〜山地の樹林とその周辺
観察時期 年1回、7月下旬〜8月に羽化
特徴
開長30mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。日中弱々しく飛び、しばしばテングチョウと誤認される(テングチョウを見たことがなければ間違えるかも?)。オシダ科のイノデに付くとされるが未確認。成虫で越冬。越冬した成虫は5月に見られ、各種の花に集まる。姿を良く見かけるのはこの時期で、羽化直後〜越冬前の成虫は不活発なのかあまり見かけない。ファーブルの森では稀。