ノシメトンボ

種名・分類 トンボ科
観察場所 平地の池や沼
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
体長37〜42mm。北海道・本州・四国・九州に分布。「羽根が透明で、先っちょだけ黒いのがノシメトンボだよ」と子供にも特徴を覚えてもらいやすい。「クルマトンボ」の俗称がある。本種に似たコノシメトンボは、ファーブル界隈では見た事がない。ファーブルの森ではごく普通。霜が降りる頃まで見かける。