ヤマキマダラヒカゲ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林周辺
観察時期 年1回、6〜7月に羽化(稀に8月に2化が出現するが栗山では未確認)
特徴
開長55mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。イネ科ササ類に付くが未同定。蛹で越冬。エゾエノキ根本の落ち葉の中から発見された越冬蛹を一度だけ撮影したことがある(滝下)。成虫は樹液によく集まる。ファーブルの森では普通。
近縁のサトキマダラヒカゲは、本州などでは平地にもいる普通種だが、北海道ではかなり稀。