オオヒカゲ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 平地〜低山地の樹林周辺
観察時期 年1回、7月中旬以降〜8月に羽化
特徴
開長66mm前後。北海道・本州に分布。カヤツリグサ科に付くが未同定。幼虫には長めの2本の角があって可愛い顔をしている。成虫は薄暗い場所を好み、明るい日中は不活発。これに目玉模様も加わって、ガと間違えられる。成虫は樹液や腐果に集まる。幼虫で越冬。ファーブルの森では普通。