コムラサキ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 平地〜山地の草原・樹林
観察時期 年1回、7〜8月に羽化
特徴
開長58〜65mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。ヤナギ科に付くが未同定。オオムラサキ同様、本種♂の青い色彩も光の当たる角度によっては発色しない「構造色」であるため、「ぜんぜんムラサキじゃない、きれいじゃない!」という声が多く聞かれる。見る角度を変えればきれい。幼虫で樹上越冬。ファーブルの森では普通。