ミスジチョウ

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林や公園
観察時期 年1回、6月下旬〜7月に羽化
特徴
開長60mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。人家の庭のカエデでも見られるが、数が多いのは山地の渓流沿い。カエデ科に付くが未同定。葉の欠片を残した独特の食痕で、若齢幼虫は発見しやすい。幼虫で樹上越冬。ファーブルの森ではやや普通。