メスグロヒョウモン

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林周辺の草原
観察時期 年1回、7月に羽化
特徴
開長60mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。♂は普通のヒョウモンチョウ類の斑紋だが、♀は時にオオイチモンジと誤認されるほど、♂と異なった斑紋をしていることで有名。スミレ科に付くが未確認。卵または1齢幼虫で越冬。ファーブルの森ではやや少ない。