クモガタヒョウモン

種名・分類 タテハチョウ科
観察場所 低山地〜山地の樹林周辺の草原
観察時期 年1回、6月に羽化
特徴
開長58mm前後。北海道・本州・四国・九州に分布。道内の大型ヒョウモンチョウ類では最も早く出現。スミレ科に付くが未確認。初齢幼虫で越冬。ファーブルの森では稀。