マガン

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や水田
観察時期 春、秋
特徴
大きさ72cm
 カモ類の中でガン類と呼ばれる種です。全身が暗褐色、くちばしが桃橙色で基部から額にかけて白いのが特徴です。栗山町では渡り鳥として春と秋に渡の途中に渡来します。群れで飛んでいる時にはV字のような形になりながら飛翔します。春、雪どけ後の水の溜まった水田に下りて落ち穂をたべる姿を見ることが出来ます。時には1000羽以上の群れが降りていることもあります。
 鳴き声は高い声で「キャハハン、キャハハン」