オオワシ

種名・分類 タカ科
観察場所 夕張川流域
観察時期
特徴
大きさ オス88cm メス102cm
 大きな黄色い嘴と体の白黒のパターンが特徴です。ロシア極東地域のみに生息し越冬のため多くの個体が北海道へ渡来します。オジロワシ同様に魚類を主食としていますが、水鳥を補食するほか、哺乳類の死骸を食べることもあります。狩猟により山中に放置されたエゾシカの死骸を食べ、鉛の銃弾を肉と共に取り込んでしまい中毒死する事故が問題となっています。栗山町でも冬期に観察されますが、オジロワシに比べ個体数は少ないです。近年エゾシカの個体数が増えていることから、越冬出来ずに餓死した死骸を求めて冬の終わり頃、山中に集まる傾向が確認されています。