ハイタカ

種名・分類 タカ科
観察場所 平地から山地の森林、防風林
観察時期 通年
特徴
大きさ オス32cm メス39cm
 平地から山地の針広混交林に生息します。1年を通して観察されますが、秋には多くの個体が南へ移動します。冬期には餌台の鳥を狙って来ることもあります。小鳥類を主食とするほか、ネズミなどの小型哺乳類も補食します。よく似た種ではオオタカが同じ環境に生息します。ハイタカのメスとオオタカのオスが同じ大きさの個体もいるため注意が必要です。ハイタカは胸の縦斑が太く間隔も粗く見えます、オオタカは縦斑が細く間隔も狭いため全体に白っぽく見えます。栗山町では両種とも繁殖しています。