ノスリ

種名・分類 タカ科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 春から秋、冬少ない
特徴
大きさ オス52cm メス56cm
 栗山町では春から秋にかけ丘陵から山地の森林に生息しています。冬になると積雪の少ない地域へ移動してしまうため、姿を見る機会は少なくなります。トビよりも小さく体の色も薄茶色に見えます。腹部には褐色の腹巻き状の太い斑があり、飛んでいる時は翼下面の初列風切基部付近に黒い斑があるのが特徴です。停空飛翔を行い地上にいるカエルやヘビ、ネズミなどの獲物の上に舞下りて捕食します。