ヒシクイ

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や水田
観察時期 春、秋
特徴
大きさ85cm
 カモ類の中でガン類と呼ばれる種です。全身が暗褐色で、お腹から尾羽周辺が白く、くちばしの先がオレンジ色をしています。
 渡り鳥で秋と春に渡来しますが、栗山町では春の渡りの方が個体数も多く、夕張川をねぐらに利用するため観察期間も長くなります。渡来する多くのヒシクイはオオヒシクイと呼ばれる種類でヒシクイより大きな体をしています。
 名前の由来は水草のヒシの実を好んで食べる鳥と言う意味です。
鳴き声は低い声で「ガハハン、ガハハン」