カワセミ

種名・分類 カワセミ科
観察場所 平地の河川や沼
観察時期 春から秋
特徴
大きさ 17cm
 上面は光沢のある青緑色で体上面中央をコバルトブルーの帯がよく目立ち、黒く長い嘴が特徴です。メスは下嘴に赤みがあることで識別出来ます。「チーッ」と高い声で鳴き、特に飛翔時によく鳴きます。水面に突き出た枝先に止まり魚を狙います。また、空中でホバリングしながら小魚や水生昆虫などを狙ってダイビングして捕らえ、獲物は止まった枝や石に打ちつけてから丸呑みして食べます。水辺に近い崖に穴を掘って営巣します。栗山町では夏鳥として渡来し、河川を中心に生息しています。夕張川をボートで下ると水面スレスレを飛翔する姿がよく見られます。