クマゲラ

種名・分類 キツツキ科
観察場所 平地から山地の森林、河畔林
観察時期 通年
特徴
大きさ 46cm
 日本に棲むキツツキの仲間では最大になります。ハシボソガラスほどの大きさがあり、全身が黒く、嘴が白っぽくみえます。オスは額から後頭にかけて赤く、メスは後頭のみ赤くなります。飛翔時は波状を描いて飛行し、「コロコロコロコロ・・・」と鳴きながら飛ぶことも多い、止まっている時は「キョーン、キョーン」甲高く通る声でよく鳴くため、声で存在を知ることが多くあります。主に樹木の中に巣を作るアリ類を好んで捕食するため、採餌痕は縦に長い楕円形の穴となることがあります。冬には人里近くの林にも姿を見せることがあります。栗山町ではハサンベツ里山や御大師山周辺でも姿を見かけることがあります。