コゲラ

種名・分類 キツツキ科
観察場所 平地から山地の森林、河畔林
観察時期 通年
特徴
大きさ 15cm
 日本に生息するキツツキの仲間では一番小さなキツツキです。栗山町では平地から山地の森林に普通に生息しています。スズメより一回り大きく、背中は白と焦げ茶色の縞模様が目立ちます。「ギー」と戸がきしるような声で鳴きますオスには後頭の両側に赤い羽根が生えていますが、普段は周りの羽に覆われているため、野外の観察ではオス、メスの識別が出来ないこともあります。警戒している時や強風などで頭の羽が逆立つような場面に出くわせば識別出来るチャンスがあるかもしれません。冬になるとカラ類の群れに混じって行動することもあります。