キレンジャク

種名・分類 レンジャク科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 秋〜春
特徴
大きさ20cm
 冬鳥として渡来します。年によって渡来数は年によって異なり、ほとんど見られない年もあります。多い年では冬から春にかけて市街地に飛来することが多く、街路樹のナナカマドの実に群がる姿が見られます。餌台にリンゴを置くと来ることがあります。また、ヤドリギの実を好んで食べ、粘着性の強い糞をすることで種子の運び屋(散布)の役割をしている鳥でもあります。「ちりちりちり・・」など鈴を鳴らすような声で鳴きます