ノビタキ

種名・分類 ツグミ科
観察場所 河川敷などの草原
観察時期 春から秋
特徴
大きさ 13cm
 夏鳥として東南アジアから渡来します。オスは頭部と背中が黒く胸のオレンジ色が特徴です。メスは体全体が褐色味のある色をしています。草原に生息し、栗山町では夕張川の広い河川敷の草原で見られます。飛んでいる虫を飛びながら捕らえるフライング・キャッチをおこなうこともあります。杭や枝の先など目立つ所に止まっていることが多く、姿を観察するのはやさしい。