コハクチョウ

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や水田
観察時期 春、秋
特徴
大きさ120cm
 オオハクチョウと同じように渡り鳥として、秋と春に飛来します。特に、春の雪どけ直後の水田で落ち穂を食べる群の姿や、夕張川をねぐらに利用する姿が見られます。栗山町ではオオハクチョウに比べ渡り期間が短いようです。時には、北米で繁殖するアメリカコハクチョウが観察されることがあります。
 鳴き声はオオハクチョウに比べるとやや低い声で「コォー」などと鳴きます。