キビタキ

種名・分類 ヒタキ科
観察場所 平地から山地の明るい林
観察時期 春から秋
特徴
大きさ14cm
 東南アジアで越冬し春、繁殖のため日本へ渡来する夏鳥です。オスは黄色と黒のコントラストが美しく、メスはオリーブ褐色をしています。低地から山地の森林に生息し、小規模な林でも見られることがあります。木の頂にはあまり出ず、林内の目立つような横枝に止まってさえずります。飛んでいる虫を、飛びながら捕らえ、元いた枝に戻るフライング・キャッチを行います。栗山町でものある環境では普通に見られます。