オオルリ

種名・分類 ヒタキ科
観察場所 丘陵地や山間の沢沿いの森林
観察時期 春から秋
特徴
大きさ 16cm
 東南アジアで越冬し春、繁殖のため日本へ渡来する夏鳥です。オスの上面は光沢のある青で頭部はより明るい光沢のある青色が特徴です。メスはオリーブ褐色でキビタキのメスと似ていますが、キビタキの方が小さく、尾羽の上面の色が赤みのある褐色に見えるのが識別のポイントです。オスは目立つ木の頂に止まってさえずり、最後に「ジュジュッ」と濁るのが特徴です。低地から山地の森林に棲み特に沢地や渓流沿いの茂った森を好みます。栗山町では5月上旬頃に渡来します。渡来期には市街地や公園でも見られることがあります。