エナガ

種名・分類 エナガ科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 通年
特徴
大きさ14cm
 北海道のエナガは本州のエナガに比べると体が白っぽく、黒い眉斑がないのが特徴です。ただし、巣立ったばかりの幼鳥には眉斑があります。小さな丸みのある体に長い尾が愛らしく探鳥会では人気のある小鳥です。冬には他のカラ類と混群を作り行動する時もありますが、エナガだけの群れを作り行動することも多く、時には20羽程の群れを見ることがあります。巣はクモの糸で地衣類を外側にはり、中は鳥の羽毛を使って独特な袋状の巣を作ります。