ヒガラ

種名・分類 シジュウカラ科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 通年
特徴
大きさ10.5cm
 日本に生息するカラ類の中では最小の種になります。一見シジュウカラを小さくしたような姿ですが、胸からのネクタイ状の羽はなく、頭部に短い冠羽があるため頭がとがったように見えます。繁殖期には針葉樹林を中心に生息していますが、秋から冬には他のカラ類に混じって行動することもあります。針葉樹を忙しなく動きながらエサを探している時などは見にくいのですが、さえずる時には枝先など目立つ所に止まるため観察しやすい時があります。