ヤマガラ

種名・分類 シジュウカラ科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 通年
特徴
大きさ14cm
 他のカラ類に比べると背中とお腹のオレンジ褐色が目立ちます。北海道では道南では普通に見られ、道北や道東では少ないようです。栗山町ではハサンベツ里山や御大師山周辺では普通に見られます。秋になると越冬のため種子を木の幹の割れ目などに貯める貯食行動が観察されます。特に、イチイ(オンコ)の実を運ぶ行動を観察すると、人から見ると赤く甘い果肉の方がおいしそうに見えますが。ヤマガラにとっては赤い実の中心にある種の方がおいしいでしょう、赤い実を捨てて種だけをせっせと運ぶ姿が見られます。