マガモ

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や沼
観察時期 通年
特徴
大きさ 59cm
 国内でもっとも普通に見られるカモです。栗山町でも河川や沼周辺で見られ、6月頃にはヒナを連れた親子を見ることが出来ます。オスは嘴が黄色で頭から首が光沢のあるミドリ色をしていますが、これは、生殖羽と呼ばれ繁殖のための姿です。夏の終わり頃にはメスと似た姿に変わります。
 鳴き声は「グヮーッ、グヮーッ」や「グェ、グェ」