シジュウカラ

種名・分類 シジュウカラ科
観察場所 平地から山地の森林
観察時期 通年
特徴
大きさ14.5cm
 背と肩羽は緑黄色、翼に1本の白線が出る、首から上は白い頬を除いて黒い、喉の黒色部は下尾筒まで縦に続くネクタイ状の黒帯につながる。ネクタイ状の黒帯はオスの方が太く、メスは細いので、野外での雌雄の識別ポイントとなります。山地の森林から市街地の林など幅広い森林環境に生息しています。冬の餌台にもよく飛来し、ヒマワリや脂身などを好んで食べます。栗山町で行った標識調査では秋に標識した個体が同秋に室蘭市の測量山付近で捕獲された記録があります。一年中見られるシジュウカラでも遠くまで移動している個体がいることが明らかになりました。