ムクドリ

種名・分類 ムクドリ科
観察場所 平地の農耕地や市街地
観察時期 通年
特徴
大きさ 24cm
 オレンジ色の足とくちばしが目立ちます。オス、メス共に顔が白く見えます。オスの体は黒みの強い茶色をしています。植物の種や実を食べるほか昆虫やミミズ、カエルなども捕らえて食べます。栗山町では平地の農耕地周辺に普通に見られ、樹洞や建物のすき間で繁殖しています。群れで行動することが多く秋には数百羽、時には数千羽の群れが空一面に飛ぶ姿が見られることもあります。1年を通して見られますが、冬は個体数が少なくなります。