カケス

種名・分類 カラス科
観察場所 山地から平地の森林
観察時期 通年
特徴
大きさ33cm
 秋になるとジャー、ジャーと鳴く声が聞かれ、平地の林や森林で見られる他、市街地にも飛来します。年によって冬に飛来する数が増減します。夏は山地の森林で繁殖するため、平地の森林ではほとんど見ることがなくなります。冬に食べるため、ドングリやクリの実を地中に埋める貯食[ちょしょく]とよばれる行動をします。カエルや昆虫、時には動物の死骸も食べることがあります。他の鳥の鳴きまねもうまく、トビ、ノスリや小鳥などの声をまねします。